アンメット-ある脳外科医の日記-

アンメット-ある脳外科医の日記-66話ネタバレ最新確定と感想は?西島家の事情

こんにちは。

2022年6月16日発売のモーニングより、アンメット-ある脳外科医の日記-【66話】「神経膠芽腫②」を読みました。

65話では、

綾野との記憶をさらに取り戻そうとする川内が美術館を訪ねていた時、てんかん発作を起こした男性・柏木と遭遇しすぐに丘陵セントラル病院に搬送します。

神経膠芽腫によりこれ以上の治療が出来ない患者を丘陵セントラル病院で引き継ぐこととなりました。

それでは、この記事では、アンメット-ある脳外科医の日記-【66話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

アンメット-ある脳外科医の日記-66話ネタバレ最新確定

丘陵セントラル病院に入院した神経膠芽腫の患者柏木。

集中治療室にいますが、現時点ではてんかん発作の後で残る麻痺の症状が出ています。

しかし三瓶は自然回復すると言い、麻痺が治るまでリハビリ入院することになりました。

場面は変わり西島邸。

同窓会長である西島の祖父が西島の母に強く当たっていますが、西島は何も言いません。

西島の母は形見の狭い思いをしていました。

同窓会長は西島に綾野の論文のことを聞きます。あとは提出だけ、というところまできていますがまだ提出していない綾野に、叔父は少しの嫌味を言いました。

しかし西島は全く気にせず、自分が論文を書くわけではないからと返答しました。

一瞬叔父の表情が曇ったため、西島の母親は西島を注意します。

叔父はため息を吐きながら早く綾野病院を買収してしまえばいいと言いますが、同窓会長は慎重です。

周りからは少しでも丸く収まったように思われなければならないのです。

西島は叔父に綾野が臨床を続ける方法はないかと聞いてみますが、叔父はバッサリ切り捨てました。

それでも食い下がろうとする西島を母は止めます。

普通病棟に移り、お見舞いも多く来ている柏木は、成増の絵を描いてくれました。なりますが喜んでいると、川内は内縁の妻である池内に、著書にサインをしてほしいと頼みました。

愛をテーマにした作品。三瓶は暗い表情をしています。

この作品の映画を見に来た川内は、愛ではなくて恋という作中のセリフを聞き、三瓶のことを思い出していました。

そんな三瓶のことを成増は心配しています。

アンメット-ある脳外科医の日記-66話感想

柏木の症例について深堀されるか現時点で不明ですが、裏では西島家の思惑が進んでいました。西島は少しでも綾野の希望を通してあげたいと思っていますが、それは難しい様子。

さらに西島の母親が形見の狭い思いをしているのが気になりました。叔父から義姉と言われていることから西島の母親はおそらく長男の嫁。長男である西島の父親は食事の席にいませんでした。どうしていないのかが気になります。

母とは違い自分の意見をしっかりいう西島ですが、ここでの西島の頑張りが綾野にいい風を吹かせそうです。

アンメット-ある脳外科医の日記-67話考察予想

川内が映画を1人で見に来たのか綾野と来たのかが分かりませんでした。しかし映画の途中で思い浮かべたのは三瓶のこと。

綾野に惹かれ始めている様子の川内ですが、記憶を失っている間に三瓶に惹かれたことも事実のはずです。

結局三瓶との関係がどうなのかははっきりしていませんが、三瓶の方に戻ってきて欲しいです。

そんな三瓶には成増が接近中。初登場の時から三瓶を気にしていた成増ですが、本気で三瓶を狙っているのでしょうか。

まとめ

この記事では、アンメット-ある脳外科医の日記-【66話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▷アンメット67話はこちらへ