呪術廻戦

呪術廻戦189話ネタバレ最新確定と感想は?不死身タイムは終了で無理かと思われた領域展開

こんにちは。

2022年6月27日発売の週刊少年ジャンプより、呪術廻戦189話「東京第2結界⑧」を読みました。

前話の188話では、秤の不死身タイム4分11秒内で勝負をつけたい鹿紫雲との激しすぎる戦闘が始まりました。

これまでよりも考え抜いた攻撃で秤を殺そうとしてくる鹿紫雲。秤はそれに対応するもかなり危うい状況になってしまいます。しかしそこで秤はまた領域展開です。

それでは、この記事では、呪術廻戦189話のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

▼まんがを読むならコレ!▼

動画配信サービスのU-NEXTなら無料で読める作品もたっくさんあります。

U-NEXT

さらに登録をすると最初にもらえる600ポイントの利用で実質マンガ1冊無料になったり

アニメや映画・ドラマも「31日間は無料」で見放題作品多数!利用しないともったいないですよね?

▼無料期間内に解約もできる▼

呪術廻戦189話ネタバレ考察「無理かと思われた領域展開」

鹿紫雲はこれ以上大当たりを続けることは不可能、つまり不死身タイムはこの4分11秒が最後だと踏んで勝負をかけました。

狙い通り、秤の腹を抉ると同時に不死身タイムは終了し、普通であれば死んでしまう傷を負いながらも秤は最後の抵抗、領域展開をしました。

賭け事のために命をかける本当のギャンブラーです。

秤の領域展開は強いため、領域は確実に開かれるでしょう。

しかし大当たりが出るまでの間の秤は不死身ではありません。

秤が死ねば領域も解けてしまうため、大当たりが出るまで秤が生きていられるかがカギになります。

呪術廻戦189話ネタバレ考察「大当たりは出る!」

これは確率の問題ですが、鹿紫雲はもう大当たりを出すことは難しいと考えていました。

しかし、秤はシャルルとの戦いで運を実力で引き寄せると言っていたことから、今回もその言葉を体現するでしょう。

瀕死の状態で領域展開が出来たのもその1つです。気力と根性。

そして遊び心で秤はこの賭けに勝利してくれます。

大当たりが出て復活、そして鹿紫雲と戦うのです。ただ、鹿紫雲はまだそれほどダメージを負っているように見えないため、次の不死身タイムで秤が勝利できるかも危ういです。

呪術廻戦189話ネタバレ考察「ここで秤が死んだら・・・」

パンダが無理でも秤は勝ってくれる、そう信じていますが万が一はありえます。賭け事が好きな秤であれば、絶対がないことをよく理解しているでしょう。

東京第1結界に入った虎杖、伏黒が両方生きている中、東京第2結界に入った2人は死亡。

そんな展開になってしまうのでしょうかコガネはルール変更などは伝えてくれますが、誰が死んだなどといちいち教えてはくれません。

しかし、点数のことを気にしてコガネに情報開示を求めた時、虎杖たちは事実を知ることになります。仲間が死んだ。

その事実を知った時に虎杖がまた正気を保てるのか心配です。

呪術廻戦189話ネタバレ最新確定「東京第2結界⑧」

瀕死の秤が領域を展開しようとしています。

風前の灯火となってしまった命に加え、もし領域展開が出来てももう当たりを出すことは不可能だと言う鹿紫雲は、秤には死ぬ道しか残っていないことを確信します。

しかし秤は確変が終わり通常時となったこの状態で、大当たりを引き出しました。1/239というかなりの低確率です。

これまでの戦いでここまで何度も死にかけたことがない秤は、鹿紫雲の強さに感心しながら新しい手を打ってきました。

それはシャルルとの戦いで秤の頭がマンガ脳になっていることが関係します。

秤は結界の座標をずらし、鹿紫雲を海に落とそうとします。

鹿紫雲が海に落ちた場合、空になるまで電荷、つまり呪力が放出されるか、全く放出しないように耐えながら陸に上がるかのどちらかしかありません。

しかし東京第2結界はほとんどが海の結界。

鹿紫雲は海中に潜む魚型呪霊を足場に海への落下を回避します。

しかし現在マンガ脳で乗りに乗っている秤は、呪霊を殴り、無理やりにでも鹿紫雲を海に落とそうとします。

そして遂に落としました。秤の攻撃に耐えるため直前まで呪力を使っていた鹿紫雲は海中でどんどん呪力を放出してしまいます。

トビウオのような呪霊に掴まり、鹿紫雲が上がってこればまた海に落とすために待機している秤。

するとその時突然秤の隊長に変化が・・・。気を失い海に落ちてしまいました。

鹿紫雲は呪力放出を調整し、海水を電気分解、塩素ガスを発生させていたのです。

この猛毒をくらい今度こそ秤は死亡。かと思いきや秤はまた目を開きました。

毒さえも反転術式で対応したのです。

秤は残り5秒の不死身タイムを海中で戦い続けることを決めます。

そして海中での殴り合いに、鹿紫雲も大興奮!

呪術廻戦189話感想

秤強い!戦いを見ていくとどんどん好きになってしまいます。

今回は腹を抉られ確率の問題もあり無理かと思われた秤ですが、ここで大当たりを持ってくるのが秤です。

水中での復活といい全てが最高最強な秤。

戦いは確実に終わりへと近づいていますが、この激アツな戦いはどちらの勝利で終わるのでしょうか。

他にも方法があるのにお互い面白い方を選んでしまうギャンブラー。こんな戦いの中でなければ意気投合出来たのではないかと感じます。

まとめ

この記事では、呪術廻戦189話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてください。

▷次話!呪術廻戦190話はこちらへ