東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ239話ネタバレ最新確定と感想は?日本服飾文化新人賞の行方

こんにちは。

2022年1月26日発売の週刊少年マガジンより、東京卍リベンジャーズ239話「Steel the show」を読みました。

前話の238話では、今のTWに足りないセンスと頭脳を兼ね備えた人物として三ツ谷を思い浮かべた武道は早速三ツ谷を誘いに行きました。

しかしドラケンが死んだことによってドラケンとの約束に執着した三ツ谷はとても誘える状況ではありませんでした。

それでは、この記事では、東京卍リベンジャーズ239話のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

▼まんがを読むならコレ!▼

無料でマンガを読む方法があるのをご存知でしょうか?

動画配信サービスのU-NEXTなら無料で読める作品もたっくさんあります。

さらに登録をすると最初にもらえる600ポイントの利用で実質マンガ1冊無料になったり

アニメや映画・ドラマも「31日間は無料」で見放題作品多数!こんな素晴らしいサービス!利用しないともったいないですよね?

▼無料期間内に解約もできる▼

 

東京卍リベンジャーズ239話ネタバレ考察「日本服飾文化新人賞の行方」

賞に興味がないどころか嫌いだった三ツ谷が今回この大会に出ることを決めたのはドラケンとの約束を果たすためです。

絶対デザイナーになれ、という言葉に応えるためには形に残る方法が一番分かりやすいからです。

新人賞を取ったからと言って一人前のデザイナーになれたとは言えませんが、それでもデザイナーの端くれくらいには名乗ることが出来るでしょう。

晴れて自分にデザイナーという肩書がついた時、三ツ谷は自分の方から武道に声をかけてくれるかもしれません。

東京卍リベンジャーズ239話ネタバレ考察「武道は三ツ谷を仲間に加える?」

日本服飾文化新人賞を取った三ツ谷が仲間になる、と言ってくれた時武道がどんな答えを出すのかが気になるところです。

本当はとてつもなく嬉しいことですが、折角デザイナーとしての一歩を踏み出すことが出来たのにそんな三ツ谷を危険に晒すことは最善とは言えません。

そのため今着ているダサいTシャツのデザインだけを考えてもらう、もしくはアドバイスを貰うだけにして三ツ谷には直接喧嘩をする仲間にはなってもらわないでしょう。

東京卍リベンジャーズ239話ネタバレ考察「次に声をかけるのは?」

参謀が欲しくて三ツ谷の所に行ったわけですが、三ツ谷を入れないとなると武道が次に思い浮かべるのが明司です。

明司武臣は軍神と呼ばれたほど戦場把握能力に長けています。

三天戦争以来どうなっているか変わらないことと、あの戦争で負けていることからもう軍神としての自信はなくなっているはずです。

それでも頼み込めば仲間になってくれるのでしょうか。

明司に声をかけると、必然的に千咒の耳にも入るため、ここで一気に仲間獲得となるか、誰も入らないかに分かれます。

東京卍リベンジャーズ239話ネタバレ最新確定「Steel the show」

日本服飾文化新人賞最終選考会が行われる会場に武道、千冬、八戒の3人が来ていました。

三ツ谷の出番を待ちながら他の出場者の作品を見ていると、三ツ谷が優勝できるのか不安になってきます。

八戒は三ツ谷は絶対に勝つのだと強気です。

その頃舞台裏では、台車を押して走る1人の女性がいました。部長と呼んだ先にいたのは三ツ谷。

彼女は手芸部の時の部員、安田です。

届けてもらったレースを着けた三ツ谷は、無償で手伝ってくれた元部員たちに笑顔で礼を言います。

そして遂に三ツ谷の順番が回ってきました。

先ほどの強気は何処へやら、八戒は三ツ谷が来ることに慌て始めます。

そして三ツ谷が作った服を身に纏ったモデル2人が颯爽とランウェイを歩いてきました。

テーマは「双龍」相反する2匹の龍を表現した2着の服が審査員の目を奪います。

感動した武道は涙ぐみ、空の上のドラケンに見ているかと問いかけました。

そして結果発表の時間がやって来ます。

優勝者は三ツ谷でした。

三ツ谷はすごい人、服飾の世界にいるべきだと武道が誘わないことが正しいと思った時、優勝した三ツ谷が壇上に姿を現しました。

その三ツ谷の姿に会場がざわつき始めます。

片側の髪を上にかきあげ龍のタトゥーを見せています。そして東京卍會の特攻服を着ているのです。

三ツ谷はマイクの所まで進むと、賞をもらったことに対し丁寧に感謝を述べました。

そして、冴えない後輩の話を始めます。

これは明らかに武道の事でした。

三ツ谷は座っている武道の方を見ると、自分も連れて行って欲しいと頼みました。

そしてはっきりと賞の辞退を宣言しました。

唖然とする元部員、そして怒る審査員や観客たち。

どれだけヤジを投げられようと、三ツ谷の意見は変わりません。

三ツ谷は一緒に笑ってくれる仲間を見捨てるくらいであれば、その賞に価値はないと笑って言ったのです。

東京卍リベンジャーズ239話感想

三ツ谷がめちゃめちゃかっこいい回でした。最高としか言いようがないかっこよさ。自分の夢よりも仲間のことを選んでくれました。

これまで見せることはなかったドラケンと同じタトゥー。

思わず同じ柄を入れてしまったわけですが、これが2人を繋ぐ双龍の証です。

作った作品も双龍だったことから、この賞はドラケンに捧げる賞だったのでしょう。

自分は大丈夫、自分で選んだ道を進む、とドラケンに伝えたい気持ちが強く伝わって来てとても良かったです。

東京卍リベンジャーズ ネタバレ あらすじ
東京卍リベンジャーズ240話ネタバレ最新確定と感想は?三ツ谷の覚悟!本当に良いの?こんにちは。 2022年2月2日発売の週刊少年マガジンより、東京卍リベンジャーズ240話「Go into retirement」が...

まとめ

それでは、この記事では、東京卍リベンジャーズ239話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

漫画をお得に読むなら

漫画をお得に読むなら下記の電子書籍サイトで読むのがおすすめです。どれも安心・安全のサービスです。
サイト名電子書籍サイト無料期間
ebookjapanebookjapan初回50%オフ 電子書籍 80万冊 無料試読豊富
まんが王国まんが王国最大50%還元 無料試読豊富
U-NEXT31日間無料 トライアル ポイント600円付与
Amebaまんが大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】100冊まで 全部40%オフ
 

アニメ無料で見れる動画配信サービスは?

アニメや映画を見るなら下記の動画配信サービスがおすすめです。
サイト名動画サイト無料期間
UーNEXT31日間無料 トライアル 継続月2189円
hulu14日間無料 トライアル 継続月1026円
Abemaプレミアム14日間無料 トライアル 継続月960円
FODプレミアム14日間無料 トライアル 継続月976円