東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ236話ネタバレ最新確定と感想は?武道の選択と千冬の答え!

こんにちは。

2022年1月5日発売の週刊少年マガジンより、東京卍リベンジャーズ236話「Band of brothers」を読みました。

235話では、三天戦争から一週間が経過し、包帯もだいぶとれた武道の元に、皆がお見舞いに来てくれていました。

武道を心配してくれますが、武道はこれから一人でやる決意を固めており、気持ちを誤魔化します。

しかし日向から泣けばいいと言われ、大粒の涙を堪えきれなくなってしまいました。

それでは、この記事では、東京卍リベンジャーズ236話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

▼まんがを読むならコレ!▼

無料でマンガを読む方法があるのをご存知でしょうか?

動画配信サービスのU-NEXTなら無料で読める作品もたっくさんあります。

さらに登録をすると最初にもらえる600ポイントの利用で実質マンガ1冊無料になったり

アニメや映画・ドラマも「31日間は無料」で見放題作品多数!こんな素晴らしいサービス!利用しないともったいないですよね?

▼無料期間内に解約もできる▼

 

東京卍リベンジャーズ236話ネタバレ最新考察「ドラケンを死なせてしまった武道」

この時代に来て自分のせいでドラケンを死なせてしまった武道。

ドラケンとの別れの際や、その後の戦いでちょこちょこ泣いていましたが、

それでも全てが終わった後は相変わらず1人でやらなければ、とマイキーのことを考えるばかりで泣いていませんでした。

しかし今、日向の腕の中でずっと我慢していた感情が溢れ出したのです。

弱音も吐きます。

しかし全部吐き出して初めて、冷静に前を向き、これからのことを考えられるようになるのではないでしょうか?

東京卍リベンジャーズ236話ネタバレ最新考察「ペーやん現る!」

この時代のペーやんは、相変わらずパーちんの相棒としてパーちんの不動産屋で働いています。

既に社会人になっていることから出来ることならこのまま平和に暮らしてほしいところですが、武道の手を握り力になると言ってくれました。

経営者であるパーちんとは違うペーやんは、もしかすると自分の立場を捨てる覚悟で武道の手伝いをしてくれるかも知れません。

それほどに、武道のことを心配してくれていそうでした。ペーやんは怖いので、武道が断っても聞かなそうです。

東京卍リベンジャーズ236話ネタバレ最新考察「最後は東卍が動く!」

もしもペーやんが武道について来た場合、少なからずマイキーの現状が気になっていた元東卍メンバーは自分達もと動こうとするでしょう。

特に、武道がこの時代に戻って来た時に力になってくれようとした千冬です。

武道が皆を巻き込まないと考えたのは周りがそう望んだからではなく、武道が未来に向かって進む皆を見たからです。

武道はこれ以上ドラケンのような犠牲者を出さないためにと訴えた結果、

自分の力のことを話すことになりますがそれでも既に変わってしまっている過去、みんなは自分達の未来のためにマイキーを倒す戦いに力を貸すのです。

東京卍リベンジャーズ236話ネタバレ最新確定「Band of brothers」

動けるほどに回復した武道は、日向と共に病院の屋上に上がりました。

この日は花火が上がっています。

武道が初めて家に来た時も花火を見たことを思い出す日向。勿論武道も覚えています。

なぜならあの日、緊張しながら日向と手を繋ごうとしたところ直人の手と間違えてしまい現代に戻ることになってしまったからです。

あの時から日向を守ろうと頑張っていた武道は、そんな自分に味方が沢山出来て守りたい人が増えていったのだと言います。

自分1人では守り切れないほど大切なものが増えていきました。それを全て守ってくれたのがマイキーなのです。

だからこそ武道はマイキーだけが不幸になって欲しくないと今でも考えています。

武道はドラケンが刺された日に日向が言ってくれた武道は他の誰でもなく武道という言葉を覚えているかと日向に聞きます。

日向は少し照れたようにしながらも覚えていない素振りを見せます。

武道はその言葉に救われ、どれだけみっともなくても皆を頼り巻き込むのが自分だと、マイキーを皆で助ける宣言をします。

武道は自分のチームを作る決意を固めたのです。

そして1か月後。

退院もして完全復活を果たした武道が向かったのは千冬のバイト先のペットショップです。

お見舞いの時に治ったら殴ると言っていた千冬は、武道が殴られるために来たのかと思います。

武道はここでようやくそのやりとりを思い出しましたが、そのことではなく今の自分の想いを伝えました。

悩んでいるのは自分らしくない、新しいチームを作るから一緒に戦ってほしい。これが武道の気持ちです。

遅い、と言う千冬の答えに下を向く武道ですが、意味は逆です。千冬はこの時をずっと待っていたのです。

千冬がバイト先に辞表を出し、1人目の仲間ゲットです。

東京卍リベンジャーズ236話感想

この時代のマイキーをぶっ飛ばすにはやはりチームが必要です。

入院中にかつての仲間からもらった言葉、日向からもらった言葉が武道にようやく皆を頼る決意をさせました。

マイキーは皆にとっても仲間。

救い出すためには皆の力が必要なのです。

武道から一緒に戦ってほしいと言われた千冬の答えがすごくかっこよかったと思いました。

遅い、と感じていたのに自分からは何も言ってこなかった千冬は未来を知る武道の選択を最優先しようとしていたのです。

▷東京卍リベンジャーズ237話へ

まとめ

この記事では、東京卍リベンジャーズ236話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

漫画をお得に読むなら

漫画をお得に読むなら下記の電子書籍サイトで読むのがおすすめです。どれも安心・安全のサービスです。
サイト名電子書籍サイト無料期間
ebookjapanebookjapan初回50%オフ 電子書籍 80万冊 無料試読豊富
まんが王国まんが王国最大50%還元 無料試読豊富
U-NEXT31日間無料 トライアル ポイント600円付与
Amebaまんが大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】100冊まで 全部40%オフ
 

アニメ無料で見れる動画配信サービスは?

アニメや映画を見るなら下記の動画配信サービスがおすすめです。
サイト名動画サイト無料期間
UーNEXT31日間無料 トライアル 継続月2189円
hulu14日間無料 トライアル 継続月1026円
Abemaプレミアム14日間無料 トライアル 継続月960円
FODプレミアム14日間無料 トライアル 継続月976円