逃げ上手の若君

逃げ上手の若君68話ネタバレ最新確定と感想は?国司が準備していたのは?

こんにちは。

2022年6月27日発売の週刊少年ジャンプより、逃げ上手の若君68話「戦車1335」が掲載予定です。

前話の67話では、天狗衆に偽の情報を京へと持ち帰らせ真実が伝わるまでの時間稼ぎをした時継。

天狗衆は諏訪の大物でありながらたった1人でやって来た時継を殺すための戦いを始めます。

そこで時継は神の力を使った戦いを見せるのです。

それでは、この記事では、逃げ上手の若君68話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

▼まんがを読むならコレ!▼

動画配信サービスのU-NEXTなら無料で読める作品もたっくさんあります。

U-NEXT

さらに登録をすると最初にもらえる600ポイントの利用で実質マンガ1冊無料になったり

アニメや映画・ドラマも「31日間は無料」で見放題作品多数!利用しないともったいないですよね?

▼無料期間内に解約もできる▼

逃げ上手の若君68話ネタバレ考察「国司が準備していたのは?」

あまりに用意周到すぎる諏訪の動きを見て、本当の狙いは自分ではなく国司なのではないかと感じた貞宗がすぐに国司に逃げる必要があるかもしれないと伝えようとしましたが。

下の者たちは大丈夫だと伝えられていると貞宗に言いました。敵が迫れば自ら出陣。

あまり強くもない国司が戦場に出るくらいならばこもっていた方が安全だと思っている貞宗。

しかしその時や肩の門が開きとんでもない物が姿を見せました。これは一体なんなのでしょうか。

逃げ上手の若君68話ネタバレ考察「麻呂戦車登場!」

戦闘神輿に続いてまた新たなものを出してきた国司。もう発明家なのではないかと思うレベルで色々出してきます。

今回は攻城車のような出で立ちをしている何か・・・。

攻城車は本来敵の城壁の上から突入できるようになるための階段のある車のようなものです。

しかし今回国司の館から出てきたのは、前方に大量のトゲ、そして最上部は敵城に乗り込むための出入り口ではなく、

おそらく国司が籠って攻撃できるような小窓のみの小部屋があります。名付けて麻呂戦車とでも言うのではないでしょうか。

逃げ上手の若君68話ネタバレ考察「時継は勝利するか!?」

信濃の戦いは最終局面と書かれていますが早い!まだまだ続きそうな予感がしますが、国司の狙いは大外れでやられてしまうのでしょうか。

この戦いの見どころが少ないとなれば期待できるのは時継VS天狗衆。諜報部隊でありますが、暗殺術にも長けている天狗衆。

玄蕃がひるんでしまうようなスピードです。しかし時継は落ち着き払っています。

歴史的には全然資料のない時継ですが、頼重から向けられている信頼にこたえるべく。ここで勝利を収めてくれるでしょう。

逃げ上手の若君68話ネタバレ最新確定「戦車1335」

国司館から突如見たこともない巨大な戦車が姿を現しました。

その戦車は完全に館から出ると、とてつもない威力を持った矢の雨を降らせてきます。

そこにあるのは弓ではなく弩(いしゆみ)という現代のボウガンです。

奴隷に矢を装填させることでスピーディーに威力のある矢を射ることが出来るこの弩で、公家たちは戦車に隠れたまま簡単に攻撃をすることが出来ていました。

こうして国司のおかげで変わり始めた戦場に、天狗衆は時継の首を持ってさらなる勢いをつけようとします。

玄蕃は天狗衆に強さだけでなく凄みを感じていました。

しかし圧倒されているように見える時継の顔にも笑みが浮かんでいました。

矢の雨のせいで戦車に近づくことすらできない頼重軍。この間に貞宗も軍の立て直しを図っています。

しかし信濃もここで保科党が合流しました。

戦車を火矢で焼き尽くして見せる、という保科ですが、吹雪はとっさに止めます。

大勢の人力がかかっていることは確実の戦車。吹雪は嫌な予感がしていたのです。

その予感は的中。国司は奴隷として使っていた保科領から連れ去った者たちを戦車の表に磔にしました。

これでは火矢で戦車を焼き尽くすことは不可能です。

完璧に寝られた策。人の道を外れた国司だからこそ出来る策です。

帝のため、尊氏のため、狂ってしまった国司との南北朝鬼ごっこです。

火車鬼、清原信濃守との本当の戦いが始まりますが、雫が哀れな国司を早く楽にしてあげて欲しいと頼重に頼みました。

もう国司は元の国司に戻ることは出来ないのです。

こうして頼重と時行が国司に立ち向かいます。

逃げ上手の若君68話感想

やっぱり出てきたのは国司の狂った兵器でした。ここまで国司が狂ったのは尊氏の唾液を摂取してから。

本当に麻薬のような成分が含まれているのではないかと心配になります。

そんな国司を楽にしてあげてほしいと頼むところが雫らしいです。

国司は自分の喜びのために戦っているはずですが、そこにあるのは洗脳。正気に戻った時に自分の行いで自分を責めてしまうかもしれません。

雫は国司がそうなってしまうのを哀れに感じたのではないでしょうか。

まとめ

この記事では、逃げ上手の若君68話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▷逃げ上手の若君69話はこちらへ