当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

逃げ上手の若君

逃げ上手の若君164話ネタバレ最新確定と感想は?足利尊氏と高師直の過去が明らかに!

2024年7月16日発売の週刊少年ジャンプより、逃げ上手の若君164話「従える者1338」を読みました。

前話の163話では、

雫の策略により包囲された師直でしたが、機転を利かせてすぐに陣を作りました。ダメージも少ない精鋭ぞろいの師直軍は、同じ数でも顕家軍を圧倒。

その中でも師直討伐を狙う顕家は、敵陣に時行を送り込み師直を崩そうとするのでした。

それでは、この記事では、逃げ上手の若君164話の考察・展開予想とネタバレ最新確定についてまとめました。

逃げ上手の若君164話ネタバレ最新考察「尊氏と師直の過去が明らかに!」

足利尊氏に天下を取らせるために戦う高師直。ただの家臣とは思えない程尊氏を敬い、神と言い切る背景には2人の過去が関係しているようです。

ただし、尊氏も師直も幼少期、また、青年期について触れられることはほとんどありません。だからこそこの部分は作者のオリジナル部分になります。

雫と対抗できるほど神力を持っている尊氏が、師直を魅了するに至った経緯が必ずあるはずです。雨の中、笑みを浮かべる尊氏と、その後ろに立つ師直に何があったのかは必見です。

逃げ上手の若君164話ネタバレ最新考察「尊氏はずっと天下を狙っていた?」

時行にとって最大の敵である尊氏ですが、実際に鎌倉政権に対して挙兵したのは後醍醐天皇です。尊氏はその討伐として出兵させられ、その途中で寝返っています。

この裏切りが時行にとっては許せなかったわけですが、この寝返りは尊氏にとって計算されていたもので、もしも後醍醐天皇が挙兵しなかったとしてもいつか政権を奪う謀反を起こしていたと推測します。

師直はそんな尊氏の意思を知りながらも、尊氏に仕え続けることだけを考えて息をひそめていました。

吹雪が魅せられるほどの深い野心はいつから尊氏の中に芽生えていたのでしょうか?

逃げ上手の若君164話ネタバレ最新考察「時行が師直に敗れる!」

現在師直の注意力を崩す為に送り込まれている時行ですが、師直を乱すことはできないでしょう。それどころか、かなりの傷を負うことになります。

それでも時行がこの戦でもまだ死なないのは、師直の第一の目的が北畠顕家の首であるからです。

時行が師直を崩せないとなると、顕家は仕方なく退却して立て直そうとするでしょう。その途中で落馬し、最期を迎えます。

顕家が逃げたことに気がついた尊氏は時行よりも顕家を優先する。それにより、時行は何とか命を落とさずに済むのです。

逃げ上手の若君164話ネタバレ最新確定「従える者1338」

高兄弟は、幼いころから足利の下で育ち、尊氏や直義と共にいました。

この頃からすでに尊氏の英傑としての器は明らかでしたが、それでも尊氏自身が積極性を持っておらず、そんな尊氏の自由奔放さに師直らは歯がゆさを感じていました。

しかし、尊氏14歳のある日、決定的な出来事が起きます。

大雨の日、それまで1人でどこかに行っていた尊氏は、帰ってくるとその身に神を宿していたのです。

師直は神仏を信じていません。しかし、そんな師直も一目でそこに神がいると分かるほど、尊氏は神々しい存在になっていました。

そんな尊氏がすべてを望んだからこそ、師直らは尊氏の望むとおりに天下を取る意志を固めたのです。

尊氏が天下をとるために邪魔なものはすべて消す、尊氏を崇めない者もすべて消す。

それが師直の戦う理由です。強い意思があるからこそ、時行らは師直に近づくこともできません。

隙ができなければ顕家の矢も届かず、顕家はイライラモード。

雑な指示で雫に策を要求しますが、雫はすでに最後の一手を仕込んでいました。

その役目を果たすので玄蕃と夏。師直の前に、夏が現れ、師直をバカにします。

しかしこれを玄蕃だと判断する師直は、玄蕃にあるのは変身の下術だけだと攻撃の指示。しかしこれは本物の夏でした。

ここで師直を欺くために、玄蕃は1度夏の変装で師直の前に現れていたのです。

夏が作った隙をついて、玄蕃も新兵器の爆発玉で攻撃!完全に師直は翻弄されています。

顕家は花束を師直目掛けて射ることで目くらまし、からの初めて出会った時のように、時行を立たせると時行目掛けて矢を放ちます。

ギリギリで時行が避けた矢は、師直の脇腹に命中しました。

▷次話!逃げ上手の若君165話はこちら

逃げ上手の若君164話感想

ラストで急展開、師直に矢が直撃しました。

これは史実にもない情報なので盛り上がります。

しかし、史実を大きく捻じ曲げることはないため、ここから顕家が撤退せざるを得ない状況になります。撃たれた直後の師直の発言の意図が気になります。

そして今回、夏が玄蕃のような汚い言葉遣いで師直をののしりました。

緊張していたようですが、どこか快感を覚えている夏。もう完全に心は逃若党と共にあるようで、頼りになります。もっと活躍してほしいですね。

まとめ

この記事では、逃げ上手の若君164話の考察・展開予想とネタバレ最新確定・感想についてまとめました。

尊氏少年と師直少年の子供時代はとても気になります!

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

ebookjapan|今なら初回購入70%オフ

登録無料。マンガを中心に80万冊以上の取り扱い冊数。欲しいマンガが見つかる!電子書籍サービス。

Yahooと提携しているためpaypayポイントが利用できお得に貯まります。無料で読める漫画も豊富。

月額課金制ではないので辞める理由なし。初めての購入なら70%オフキャンペーン実施中!(6回まで)今すぐ公式サイトをクリック→<公式サイト

テキストのコピーはできません。