当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

女神のカフェテラス

女神のカフェテラス138話ネタバレ最新確定と感想は?オリビア王女の料理がプロ級で!?

女神のカフェテラス ネタバレ 最新

2024年1月31日発売の週刊少年マガジンより、女神のカフェテラス138話「嫉妬と自惚れ」を読みました。

前話の137話では、

母親が喜ぶ料理を見つけるまで、オリビアと侍女のサラが日本に留まることになりました。

もちろん、一般家庭への滞在なんて有り得ない・・・、はずがファミリアに滞在することが決定!

日本の庶民に家の感覚が分からないオリビアですが、一方のファミリアメンバーは大盛り上がりで!?

それでは、この記事では、女神のカフェテラス137話のネタバレと感想&考察予想についてまとめました。

女神のカフェテラス138話ネタバレ最新確定

母が感動した料理を覚えるまでは帰らない!と隼たちの家に同居することになったオリビア王女は、そのお礼に一先ず夕飯を御馳走してくれるようです。

異常なほどに長いコック帽を振り回し、不安しかありません・・・。

一方秋水は、オリビアの侍女、サラを呼び出していました。

零尺沈着、隙のない立ち居振る舞い、そして見てしまった引き締まった肉体。瞬時にサラがただ者ではないと判断した秋水は、サラに手合わせを申し込んだのです。

呆れる桜花ですが、サラがあっさり引き受けてくれたため、秋水は最初から全力でサラに挑みます。

秋水自慢の影分身の術でサラを翻弄しようとしますが!?

そして夕食が出来上がったようなので、秋水の挑戦も終わり食卓に全員集合。

白菊も少しは手伝ったようですが、食卓にはこれまで見たことのないような豪華なスペイン料理が並んでいます。

オリビアは一度打ち込むと真剣なようで、既に料理はプロ並です。

一番に料理を口に運んだ隼はそのおいしさを素直に褒めます。さらに、続く秋水や流星もそのおいしさに感動。

一方一緒に料理をした白菊は・・・?

その晩、例にならって隼の部屋を尋ねる者が。

紅葉だと思った隼ですが、戸を開けたのはなんとオリビア!

隼のベッドに上がると、オリビアは料理を褒めてくれたことへのお礼を伝えました。

一瞬勘違いした隼に、ついてきていた女性陣は呆れています。誰でも迫ってくると思ったら大間違いなのです。

前科者たちのせいで勘違いしてしまった隼でしたが、この日一番激しいあの人だけ部屋に来なくて・・・?

女神のカフェテラス138話感想

母親のためにプロ級の料理を作れるようになったオリビア王女。

実際のところ、オリビアの母親は隼の祖母が作った料理というよりも、実際は存在しない創作で愛がこもった料理を望んでいるのではないでしょうか?

そもそも名前がないとは言え、ヒントもないような料理をつくることなんて不可能。

そしてそれをはっきりと伝えられない時点で、オリビアの母親の中に残っている記憶は味というよりも感動だけなのではないでしょうか?

その事に気がついたオリビアが早く母親に愛のこもった料理を持って戻ってくれるといいですね。

女神のカフェテラス139話考察予想

オリビアの料理にみんなが感動したことでモヤモヤしている白菊。

白菊の料理もいつもみんな褒めてくれていますが、きっとみんなの一番がいいんですね。かわいいところがあります。

そしてみんなの一番ではなくなりかけている以上、今の白菊は早くオリビアを納得させて国に帰ってもらいたいと思っているはず。

その気持ちが先行しすぎて冷たく当たり、隼に怒られてしまわないか心配です。

新たな女の登場は、今の関係性に大きな影響を与えることになりそうです。

▷次話!女神のカフェテラス139話はこちら

まとめ

この記事では、女神のカフェテラス138話のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

見たこともない料理ってテンション上がりますよね。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

ebookjapan|今なら初回購入70%オフ

登録無料。マンガを中心に80万冊以上の取り扱い冊数。欲しいマンガが見つかる!電子書籍サービス。

Yahooと提携しているためpaypayポイントが利用できお得に貯まります。無料で読める漫画も豊富。

月額課金制ではないので辞める理由なし。初めての購入なら70%オフキャンペーン実施中!(6回まで)今すぐ公式サイトをクリック→<公式サイト

テキストのコピーはできません。