呪術廻戦

呪術廻戦193話ネタバレ最新確定と感想は?成体呪霊へと進化した直哉に真希が!?

こんにちは。

2022年8月8日発売の週刊少年ジャンプに、呪術廻戦193話「桜島結界③」が掲載予定です。

前話の192話では、

呪霊となった直哉に油断してしまった真希に離れた位置から加茂がアシストをしました。

そして直哉に致命傷となる一撃を決めますが、直哉はまさかの変態により成体へと変わってしまいました。

呪胎の内に仕留めることが出来なかった加茂は!?

それでは、この記事では、呪術廻戦193話のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

▼まんがを読むならコレ!▼

無料でマンガを読む方法があるのをご存知でしょうか?

動画配信サービスのU-NEXTなら無料で読める作品もたっくさんあります。

さらに登録をすると最初にもらえる600ポイントの利用で実質マンガ1冊無料になったり

アニメや映画・ドラマも「31日間は無料」で見放題作品多数!こんな素晴らしいサービス!利用しないともったいないですよね?

▼無料期間内に解約もできる▼

 

呪術廻戦193話ネタバレ考察「呪霊直哉のモデルは何?」

気持ちの悪い芋虫呪霊から変態し、成体へとなった直哉。

結果としてもっと不気味な存在になりましたが、この直哉のモデルとなったのは何なのでしょう?

芋虫から繭を作っていることを考えると「蛾」である可能性が高いですが、成体を見る限りよく分かりません。

これまで登場した中で分かりやすい呪胎と言えば、夏油一派にいた陀艮です。人が海を恐れる感情から生まれた呪いであり、その見た目はタコ、貝、クラゲなど様々な生き物に通づる部分があったため、おそらく海の生き物全体から着想を得たのだと考えられます。

しかし直哉は人の呪い。どうして少年院で出てきた呪霊のように人型ではなかったのか不思議です。

呪術廻戦193話ネタバレ考察「加茂は無事なのか?」

まだ呪胎の時点から直哉の速さについていけていなかった加茂は、直哉が成体になってしまったら完全についていけなくなると考えていました。

そのため変態の瞬間に祓うことができたと心から安心していましたが失敗。変態を完了させ、成体となっていたら直哉に殴り飛ばされてしまいました。

果たして加茂は無事なのでしょうか?結論から言うとおそらく無事です。しかし今この場での戦いはもうできないでしょう。

直哉に隙を作ることができないため真希にとっては嫌な出来事ですが、逆に加茂は狙われないことで死なずにいられると思います。

呪術廻戦193話ネタバレ考察「母親の話で真希動揺!?」

現れた芋虫呪霊が直哉であることが分かり、真希は殺した時のことを後悔しました。

しかし直哉は真希ではなく真希の母親によって殺されたことを話し、真希は明らかに動揺していました。

完全に禪院家を排除しようと、母親でさえも自分の手で消し去ったつもりの真希ですが、それでも母親が何かをしたとなれば少し気になってしまったのでしょう。

直哉は自分との戦いに集中しろ的なことを言っていましたが、これからの戦況によっては母親の話をして真希の動揺を誘うかもしれません。

感情を失っていたと思うのですが、そういうわけでもないようです。

呪術廻戦193話ネタバレ最新確定

直哉は加茂のことを殴り飛ばしましたが、殴った自分の手を見て加茂が拳をふせいだことに気づき、感心していました。

加茂は拳と自分との間に血を割り込めせることでガードしていたのです。

一撃で分かった直哉の強さに、加茂は意識を集中させ術式を使います。

向かって来る直哉と同時に、真希が茂みから現れ加茂の前で直哉の動きを止めると、加茂の血が直哉を縛り上げました。

真希は身動きの取れない直哉を斬りつけようとしますが、直哉は体を回転させて受け流します。

真希はこの呪霊が元直哉であることを加茂に伝えます。

そのことを聞き、加茂は直哉の自我が残っていることに驚きました。

更に、高速移動の理由も術式によるものだと納得しました。

しかし直哉は以前よりも術式の能力を応用できるようになっており、固定した空気を爆発させることまで可能になっていました。

ここで直哉は突然猛スピードで真希たちから離れていきました。

逃げたと感じる加茂ですが、真希は加速のための助走距離を作ったことに気づいています。

実際、距離をとった直哉は全ての触手を仕舞い、空気抵抗の少ないフォルムに変わります。

幼体でさえ音速を超えていた直哉がこれ以上スピードを上げることは考えたくありませんが、それでもカウンターを狙い待ち構えます。

直哉は絶対に真希を狙って来る。

加茂は真希の周りに血液で作った罠を仕掛け、離れた位置で直哉を待ち構えますが、速度がマッハ3に達した直哉を前に真希は!?

呪術廻戦193話感想

まずは加茂が生きていたことに一安心です。時間はなかったと思いますが、一瞬の判断で間に血を挟んだところは直哉も感心していたように加茂家次代当主のすごさでもあります。

結局当主の座は羂索に奪われてどうなるのか不明ですが、これだけ実力があるのだから正式に当主になってほしいです。

直哉は面影がなくなってしまい不気味という言葉がぴったりとなりましたが、この状態で真希に勝って満足そうにしている姿は少しショックでした。

▷呪術廻戦194話はこちらへ

まとめ

この記事では、呪術廻戦193話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

アニメを無料で見られる動画配信サービスは?

アニメや映画を見るなら下記の動画配信サービスがおすすめです。私もたくさん使ってきて今は電子書籍で漫画も読めるU-NEXTをずっと長く利用しています。簡単登録で2〜3分で31日間無料です。損がなくお得しかないのに入らない理由ってあるのかな・・・
サイト名動画サイト無料期間
UーNEXT31日間無料 トライアル 継続月2189円
hulu14日間無料 トライアル 継続月1026円
Abemaプレミアム14日間無料 トライアル 継続月960円
FODプレミアム14日間無料 トライアル 継続月976円