当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

ザ・ファブル

ザ・ファブル2【74話】ネタバレ最新確定と感想は?ユーカリ確保でアザミはアキラと?!

こんにちは。

2023年3月27日発売のヤングマガジンより、ザ・ファブル2(The second contact)【74話】「声がデカい男・・・・。」を読みました。

前話の73話では、

ヨウコを助けるために駆けつけたアキラが、ルーマーのアリたちにとある約束をしました。

ファブルは殺しが出来ないとタカをくくっている毒針男ですが、それは悪気のある殺し。

悪気がない行動に対しては何の保証もできないアキラは・・・。

それでは、この記事では、ザ・ファブル2(The second contact)【74話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ザ・ファブル2【74話】ネタバレ最新確定

真黒組の車が待っているはずの公園の出口まであと50メートルほど。

一気に駆け抜けてし合おうとするアザミは、またアリを発見しました。

見たところ4人いますが、ユーカリに残っている弾はある3発。

ユーカリは一旦おんぶをやめてアザミも戦えるようにすることを提案しますが、アザミはユーカリを背負ったまま強行突破を狙います。

そのため、ユーカリには手前の敵から倒すように指示しました。

アザミがどうするつもりなのか分からないユーカリですが、言われた通りに近づいてくる敵を手前から順に売っていきます。

3人倒した後、4人目は銃を向けただけでビビりましたがそれでもすぐに追いかけてきます。

するとここでアザミとユーカリの前に銃を持った2人の男が!?

無事に真黒組が待機してところまでやってきたのです。

アザミは足をひねっていますが、それでも重症なユーカリだけを預けて自分はアキラとヨウコの元へ助太刀に向かいます。

そして場面はアキラとヨウコの元へ。

パッと見ただけでもぞろぞろと集まったアリは30人ほどになっています。

アキラは戦いながら出口を目指すことをヨウコに伝え、2人は互いの背中を守りながら脱出を狙います。

マガジンは残り2本。

ヨウコに好きに使わせますが、いきなり撃つヨウコが少し心配になってきます。

毒針男はファブルは殺しをしない、とアリたちに伝え役になった者には億のギャラを払うことを約束します。

そして一斉に飛び掛かるよう、大声で指示しました。

しかし既にスイッチ切り替え済みのアキラが!

いきなりやられて悲鳴を上げるアリがうるさいため、遠くから見ているルーマーの男がそのことを毒針男に伝えると毒針男は叫んだアリを始末します。

静かなる戦いが幕を開けました・・・。

ザ・ファブル2【74話】感想

残り50m逃げ切りで止まらなかったアザミには真黒組が見えていたのかが気になりました。

信頼しているため止まらなかったということも考えられます。

どちらにしてもすごいですね。

ユーカリを逃がすことには成功しましたが、アザミも怪我をしています。

それなのにアキラたちの助太刀に行ったアザミが心配です。

アキラは久々にスイッチを入れたので、もう殺さない殺し屋卒業か・・・。

遠くから全てを見ている不気味なルーマーの男も気になります。

ザ・ファブル2【75話】考察予想

次回は「バカバカしい女・・・・。」です。

現状ルーマー側の女たちは離脱しているため、残っているのはヨウコのみ。

つまりタイトルではヨウコが次の話のキーマンになると予想できますが、バカバカしいがヨウコにかかる言葉なのか、それともアリや毒針男にかけられている言葉なのかが気になりますね。

アキラと合流していることでここからヨウコがやられることはないと思いますが、2本しかないマガジンをアキラの忠告無視で早々に使い切ってしまうことは考えられます。

足をひねっているアザミも合流しますが、正直なところ来なくても大丈夫なので、来ることによりルーマーがどう動くのかが注目ポイントになるでしょう。

▷次話!ザ・ファブル2【75話】はこちらへ

まとめ

この記事では、ザ・ファブル2(The second contact)【74話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ユーカリ逃げ切り成功!

一先ず死者は出なさそうで安心しました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

ebookjapan|今なら初回購入70%オフ

登録無料。マンガを中心に80万冊以上の取り扱い冊数。欲しいマンガが見つかる!電子書籍サービス。

Yahooと提携しているためpaypayポイントが利用できお得に貯まります。無料で読める漫画も豊富。

月額課金制ではないので辞める理由なし。初めての購入なら70%オフキャンペーン実施中!(6回まで)今すぐ公式サイトをクリック→<公式サイト

テキストのコピーはできません。