ダーウィン事変

ダーウィン事変22話ネタバレ最新確定と感想|エヴァの残した衝撃的言葉とは!?

こんにちは。

2022年4月25日発売のアフタヌーンより、ダーウィン事変22話「WILL」を読みました。

21話では、

グレイスのおかげで普通の生活に溶け込むようになっていたチャーリーは、スーパーでの買い物が楽しかったと感じられるようになっていました。

平和を感じていた矢先、チャーリーの生みの親エヴァが危篤との知らせが入ります。

それでは、この記事では、ダーウィン事変22話のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ダーウィン事変22話ネタバレあらすじ

ルーシーも呼ばれ、チャーリーとルーシーはエヴァとのお別れをすることになります。

エヴァが危篤になったのはいわば寿命。逆にここまで生きてこられたのは奇跡に近いです。

それでもタイミングはあまりよくないと言えます。ALAがまたテロを起こしているからです。

ファウラーはしばらくチャーリーを研究所で保護する提案をしました。

小康状態のエヴァに何かが起きるまで、チャーリーとルーシーは休んでいることにします。

ダーウィン事変22話ネタバレ チャーリーの考え

1人だと研究所は退屈というチャーリーは、エヴァの死に何も感じていないようです。チャーリーにとって両親はハンナとバートだけなのです。

2人が誰に殺されたのかは分かりません。しかしチャーリーは犯人には支払いをさせると言いました。

人間の復讐とは違います。そんなことをしてももうどこにもいない2人は何も感じないからです。

チャーリーが言いたいのは、周りの人間に危害を加えることでどれほどに高いコストがかかるかを思い知らせたいということでした。

そうすることでチャーリーは皆がさらに安全に暮らせると考えています。

ダーウィン事変22話ネタバレ異変

その時、エヴァが限界の時を迎えました。最後は薬を入れて楽にしてあげます。

しかし投与直前、ルーシーがエヴァの異変に気付きます。何かを伝えたがっているように見えるのです。

すぐに単語カードをエヴァに渡すと、エヴァは衝撃的な言葉を残しました。

エヴァにはもう1人子供がいると言うのです。

その言葉を見たチャーリーにも異変が現れます。

ダーウィン事変22話感想

チャーリーにとって両親はハンナとバートだけ。その言葉がとても嬉しく、それでいて命はすでに失われていることが悲しく感じました。

だからこそ、周りの人を守りたいとチャーリーは感じているのです。

人間の心がないと言われたチャーリーですが、チャーリーにはチャーリーなりの心があり、とてもやさしい存在だと思いました。

そんなチャーリーの心が揺れてしまう新たな出来事が発生しました。この事実に、チャーリーは何を思ったのでしょうか。

ダーウィン事変23話考察予想

チャーリーには弟がいます。しかしその存在は研究所の人間も知らず、現時点でマックスだけが知っているのでしょう。

車いすに乗っているチャーリーの弟。名前はおそらくオメラスです。

会話をすることも体を動かすことも最近になって出来るようになったらしいオメラスは、これまでどこでどのように生きていたのでしょうか。

チャーリーとは全く違う生き方をしてきたからこそ、チャーリーの生き方に不満を持つ弟は何を企んでいるのか、とても気になるところです。

まとめ

この記事では、ダーウィン事変【22話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

漫画をお得に読むなら

漫画をお得に読むなら下記の電子書籍サイトで読むのがおすすめです。どれも安心・安全のサービスです。
サイト名電子書籍サイト無料期間
ebookjapanebookjapan初回50%オフ 電子書籍 80万冊 無料試読豊富
まんが王国まんが王国最大50%還元 無料試読豊富
U-NEXT31日間無料 トライアル ポイント600円付与
Amebaまんが大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】100冊まで 全部40%オフ
 

アニメ無料で見れる動画配信サービスは?

アニメや映画を見るなら下記の動画配信サービスがおすすめです。
サイト名動画サイト無料期間
UーNEXT31日間無料 トライアル 継続月2189円
hulu14日間無料 トライアル 継続月1026円
Abemaプレミアム14日間無料 トライアル 継続月960円
FODプレミアム14日間無料 トライアル 継続月976円