当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

ブルーロック

ブルーロック193話ネタバレ最新確定と感想は?クリスの煽りにカイザーがキレる!

こんにちは。

2022年10月26日発売の週刊少年マガジンより、ブルーロック【193話】「牙」を読みました。

前話の192話では、

とにかく目立ちたいクリスを止めるため、ノアまでもが参戦を宣言しました。

しかしノアにはクリスを止める以外の目的はなく、あくまでアシスト。

誰の手伝いをするかは試合を見て決めるというノア。潔が絶対に点を取ると意気込む中、ここに全てを賭けている雪宮は!?

それでは、この記事では、ブルーロック【193話】のネタバレと感想&考察予想についてまとめました。

ブルーロック193話ネタバレ最新確定

最後の3分間ともなると、流石の潔も冷静でした。

先程までのようなプレーではカイザーに通用しません。

点を取るにはノアの言っていたような合理的なプレーをしなければならないのです。

この間、ボールはネスからカイザーへと移動。

そんなカイザーの前に、クリスが登場!

冷静なカイザーはここでクリスの挑発に乗らず、ネスと共にゴールを目指すはずが!?

クリスの度が過ぎたあおりに流石のカイザーもキレており、冷静さはどこかへ飛んでいってしまいました。

クリスとカイザーのマッチアップが始まりますが、かなり高度な交戦の中でもクリスのあおりは続きます。

ムキになっているカイザーかクリスを抜きました!

しかし抜かれることも想定内のクリスは、もう追いついてきます。

そんな2人の左から今度はノアがやってきました。

ここでボールを奪い、クリスの好きにはさせないつもりのノアですが、右から出てきた玲王がボールに触れ、ボールは高く宙を舞いました。

あまりに高度なプレーに入っていけない潔に対して、もしや玲王も超越視界を・・・?

ボールは千切に周り、そのままゴールへと一直線です。

そして自分が確実にゴールを決められるあの場所まで、もう少しのところで今度は雪宮!?

逆サイドにいたはずの雪宮は、千切のスピードについてきたのです。

豹の牙をへし折ろうとする獣の如き威圧感。

いつもの雪宮ではありません。

そして千切の足が止まった瞬間、全ての選手たちが1箇所へと集まってきました。

ブルーロック193話感想

今試合に出ているオールスターがそろい踏みといった感じで面白かったです。

その中でも格段に輝いていたのはラストで出てきた雪宮です。獣のようなオーラを纏い現れたその姿に心を奪われてしまいます。

後はボールを奪えるかどうかですね。今雪宮は止めることよりもボールを奪い自分のゴールに持っていくことが最重要。

しかし上手く立ち回ることでノアを味方につけられるかもしれません。直接ボールを奪いに行くより、ノアを利用した方が合理的ではないでしょうか?

ブルーロック194話考察予想

次回輝きを放つのはクリス・プリンス!タイトルが「世界2位」の時点でクリスの話になることが確定しています。

クリスのプレーが輝いてくれるのも期待ですが、同時にクリスがどうしてここまでのナルシストになったのかも気になるので、クリスの過去回になることを期待しています。

今ボールを持っているのは千切。

そしてクリスにはノアがついていると思われますが、それでもボールを奪い去ったクリスが、そのまま回想に突入していく展開になるのではないでしょうか?

▷ブルーロック194話はこちらへ

まとめ

この記事では、ブルーロック【193話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

雪宮に頑張ってほしい!

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

ebookjapan|今なら初回購入70%オフ

登録無料。マンガを中心に80万冊以上の取り扱い冊数。欲しいマンガが見つかる!電子書籍サービス。

Yahooと提携しているためpaypayポイントが利用できお得に貯まります。無料で読める漫画も豊富。

月額課金制ではないので辞める理由なし。初めての購入なら70%オフキャンペーン実施中!(6回まで)今すぐ公式サイトをクリック→<公式サイト

テキストのコピーはできません。