呪術廻戦

呪術廻戦175話ネタバレ最新確定と感想は?黒沐死との戦い!

こんにちは。

2022年2月21日発売の週刊少年ジャンプより、呪術廻戦175話「仙台結界②」を読みました。

前話の174話では、乙骨がドルゥヴを殺したことにより、休眠に入っていた黒沐死が動き出しました。

尽きない食欲を持つゴキブリ呪霊の黒沐死は、人間を襲うも邪魔をしてくる乙骨に殺意を抱き、乙骨を喰らい尽くすことに執着を見せたのでした。

それでは、この記事では、呪術廻戦175話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

▼まんがを読むならコレ!▼

無料でマンガを読む方法があるのをご存知でしょうか?

動画配信サービスのU-NEXTなら無料で読める作品もたっくさんあります。

さらに登録をすると最初にもらえる600ポイントの利用で実質マンガ1冊無料になったり

アニメや映画・ドラマも「31日間は無料」で見放題作品多数!こんな素晴らしいサービス!利用しないともったいないですよね?

▼無料期間内に解約もできる▼

 

呪術廻戦175話ネタバレ考察予想「黒沐死との戦い」

呪力を持っていた黒沐死のゴキブリたちを乙骨は一瞬で祓いました。面倒なのはやはり数だけです。

伏黒と脱兎のように数で翻弄し戦闘力はほぼナシ、と言うほどではなく人間を喰い尽くせるほどの力を持っていることも厄介ではありますが乙骨にとってそこは問題ではないのです。

まだ近くに人間がいることもあり、戦い方には迷うところがある中、

乙骨はどのように戦うのでしょう。ただ乙骨が黒沐死に勝つことだけは確実だと見ています。

呪術廻戦175話ネタバレ考察予想「黒沐死の武器」

黒沐死は突然武器を出してきました。それは爛生刀という斧のようにもナタのようにも見える武器です。

呪霊が使っているため呪具ではないのでしょうか。

この刀は生と死が混雑している魔剣とありましたがいまいちよく分かりません。

相手の生気を吸い取ったり、代わりに生気を他の物に注ぎ込んだり出来るのでしょうか。

物理的に斬ったり殴ったりして使うのではないと予想します。海外に呪具を探しに行っていた乙骨であればこの刀についても何か知っているかも知れません。

呪術廻戦175話ネタバレ考察予想「得点はどうなる?」

乙骨はドルゥヴからポイント譲渡を受けることなくただ殺しました。

自分1人で4つのルールを追加するつもりである乙骨は400点も得なくてはならないのに、全く譲渡を受けないとなると殺しまくることになります。

今回黒沐死のように呪霊も参加していることが分かったため、呪霊であれば容赦なく殺しますが、

一般人を避難させているような乙骨は現代の術師と出会った時はどうするのでしょうか。多少なりとも交渉をするのかが気になります。

呪術廻戦175話ネタバレ最新確定「仙台結界②」

黒沐死が乙骨にナタを振り下ろします。

乙骨はその腕を斬り落とし、近くの岩に刀で突き刺しました。

そしてここからは肉弾戦に移行します。

乙骨に殴られた黒沐死は飛ぶことで乙骨と距離を取りました。しかし乙骨は走り出し、回収した刀を黒沐死の顔面に思い切り振り下ろしました。

黒沐死は橋の上から川に向かって叩き落されましたが、乙骨の刀は腕で防いでいます。

そしてまた乙骨と距離を取りました。

乙骨は今自分が石流と烏鷺の2人に見られていることを知っているため、リカを使わずに勝とうと思っています。

黒沐死はどうして乙骨が自分を殺そうとするのかが分からず、途切れ途切れの声で質問しました。

逆に乙骨も同じ質問をすると、黒沐死は食べたいからだと答えます。

そして3匹の虫を出します。乙骨は迫って来る虫を切り捨てますが、虫から出た液体で目を細めてしまいます。

次の瞬間、黒沐死は回収したナタを振り下ろしてきました。

乙骨は刀でナタを止めますが、ナタから何かが飛び出し乙骨の肩に当たりました。

すぐに乙骨は距離を取りましたが、被弾した肩から虫が体を食い破って出てきました。

乙骨か肩の虫を斬り落とそうとしていると、黒沐死から二発目の攻撃が乙骨の腹に入れられました。

倒れる乙骨。黒沐死は乙骨を食べようと近づいてきました。

しかしそんな黒沐死の顔を掴み、噛みついたのは乙骨の方でした。次の瞬間、黒沐死の体が崩れ落ちます。

黒沐死との戦いを終え、5点が加算された乙骨に、今度は烏鷺が迫ってきました。

呪術廻戦175話感想

この話はとにかく乙骨と黒沐死の戦闘で構成された話でした。

セリフは少なく少し物足りなさを感じるからこそ、アニメなど映像で見たいと感じました。

黒沐死の術式なのか、身体から虫が飛び出して来るというめちゃめちゃ気持ち悪い状態となってしまった乙骨は、一度黒沐死に喰い尽くされそうになりました。

その時の様子は本当にあの乙骨が敗けてしまうのかも知れない、と不安に感じるほどでしたがやっぱり勝ってくれたため安心しました。

呪術廻戦176話考察予想

ラストで戦いを終えた乙骨の元に烏鷺がやって来て反転術式を使いました。

反転術式は家入や乙骨が使える治療に使える術式です。

術式反転となれば五条のような強い技が使えるのですが、はっきりと反転術式と言っていることから、

烏鷺は乙骨に攻撃したのではなく明らかに深手を負った乙骨を治療してくれたのかも知れません。

すぐに次の戦いが始まることも予想出来ますが、烏鷺は乙骨を利用して自分が生き残る道を選択したのだと思われます。

呪術廻戦 ネタバレ 最新 あらすじ 感想
呪術廻戦176話ネタバレ最新確定と感想は?烏鷺の狙いと乙骨の態度!こんにちは。 2022年2月28日発売の週刊少年ジャンプより、呪術廻戦176話「仙台結界③」を読みました。 前話の175話で...

まとめ

この記事では、呪術廻戦175話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

漫画をお得に読むなら

漫画をお得に読むなら下記の電子書籍サイトで読むのがおすすめです。どれも安心・安全のサービスです。
サイト名電子書籍サイト無料期間
ebookjapanebookjapan初回50%オフ 電子書籍 80万冊 無料試読豊富
まんが王国まんが王国最大50%還元 無料試読豊富
U-NEXT31日間無料 トライアル ポイント600円付与
Amebaまんが大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】100冊まで 全部40%オフ
 

アニメ無料で見れる動画配信サービスは?

アニメや映画を見るなら下記の動画配信サービスがおすすめです。
サイト名動画サイト無料期間
UーNEXT31日間無料 トライアル 継続月2189円
hulu14日間無料 トライアル 継続月1026円
Abemaプレミアム14日間無料 トライアル 継続月960円
FODプレミアム14日間無料 トライアル 継続月976円