当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

サカモトデイズ

サカモトデイズ62話ネタバレ確定と感想は?三次試験で仲間がバラバラ!?

こんにちは。

2022年3月14日発売の週刊少年ジャンプより、サカモトデイズ【62話】「三次試験」を読みました。

前話の61話では、

カナグリの暴挙により飛行機から落下していた坂本達が晶のおかげで九死に一生を得ました。

坂本が弾丸をカナグリから奪取したことにより、急遽二次試験とされた条件もクリア。坂本、シン、勢羽、晶全員が二次試験を通過したのです。

それでは、この記事では、サカモトデイズ【62話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

サカモトデイズ62話ネタバレ確定

坂本たちは海に落ちたせいで濡れた体を温めるため、焚火を囲んでいました。

生きていることに感動する晶は、ここまで来るとみんなで合格して同じクラスになりたいと思っています。

その頃試験官たちは頭を抱えていました。

この事故のせいで、かなりの受験生が減ってしまったのです。

とにかく、次はあまり死なないように進めようと話合わせていた時、現役のプロや殺し屋会社からの推薦を受けた3人、加耳、虎丸、軟柔が追加メンバーとして合流します。

坂本たちと共に助かり、運よく銃弾を拾うことが出来たキルベイビーを筆頭に受験生の一部が途中参加に抗議しました。

ブーブー言っていると虎丸がキルベイビーを押さえつけ、斧がついた銃をキルベイビーの首に当てます。

推薦組なだけあり実力は確かなものです。

いきなり殺そうとしないで欲しいと宇佐美に言われる虎丸ですが、ここまで怒ったことにはとある理由があり・・・?

そして虎丸が坂本の大ファンであることが判明します!

現役時代のファンであるため、今の坂本を見ても坂本と気づくはずがありませんが、坂本とシンは警戒心を持ちました。

虎丸は現役時代の坂本のファンでした。坂本とシンは虎丸に警戒を強めます。

その頃スラー側は着実にこの編入試験に魔の手を伸ばしていました。

学生を入れることに賛成ではない楽と鹿島ですが、2人がスラーと会ったのは10台の時。

スラーは若いものほど世の中を変えられると思っています。

話は試験に戻り、三次試験の説明が始まります。

それぞれが持つ銃弾の中にあるハチマキで色ごとにチームに分かれるチーム戦。

7チームに分かれて行うのはしっぽ取りです。

坂本、晶、キルベイビー。そしてシン、勢羽、加耳とまさかのチームが分かれてしまいました。

サカモトデイズ62話感想

“KILLBABY”というハチマキをしていたあの男が、そのまんまキルベイビーという名前だったことが一番面白かったです。

坂本たちに参加し勝手に助かったと思いきや運よく銃弾ゲット。しかもしっぽ取りでは坂本たちのチームに入っていたことも最高です。

このままいい感じに合格まで行くのではないかと感じますが、そこでスラーにも怪しい動きがありました。

JCCの中で仲間探しをするのかと思いきや、すでに仲間がいる様子。内部からJCCも破壊しそうで怖いです。

サカモトデイズ63話考察予想

チーム戦は恐らく1人でも残ればそのチームが勝利しそうなので、キルベイビーはこのまま合格し、無事に入学しそうです。

一体何人合格させるのかは分かりませんが、例年編入の人数は2~3人ほどの様子。もしかすると4人全員合格は難しいのかも知れません。

追加メンバー3人の内、1人がシンと勢羽のチームにいますが、これもまた強敵となること間違いなし。

まさか坂本たちが敗けてしまうこともあり得るのではないだろうかと感じています。

▷次話サカモトデイズ63話はこちら

まとめ

この記事では、サカモトデイズ【62話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

三次試験開始!

いよいよ最終試験です!

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

ebookjapan|今なら初回購入70%オフ

登録無料。マンガを中心に80万冊以上の取り扱い冊数。欲しいマンガが見つかる!電子書籍サービス。

Yahooと提携しているためpaypayポイントが利用できお得に貯まります。無料で読める漫画も豊富。

月額課金制ではないので辞める理由なし。初めての購入なら70%オフキャンペーン実施中!(6回まで)今すぐ公式サイトをクリック→<公式サイト

テキストのコピーはできません。