当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

映画

ラーゲリより愛を込めて実話どこまで?遺書や山本さんクロは実在するのか!

映画「ラーゲリより愛を込めて」は、辺見じゅんさんのノンフィクション小説「収容所(ラーゲリ)から来た遺書」を原作とした作品です。

この小説は、第二次世界大戦後、シベリアの強制収容所に収容された日本人捕虜の物語です。

主人公の山本幡男は、妻モジミと4人の幼い子供たちと共にハルピンで暮らしていましたが、終戦後、ソ連軍の捕虜とされます。

幡男は妻子と離れ離れになり、ハバロフスクのラーゲリで過酷な生活を送ります。

映画は、この小説を基に、幡男の生き様を描いた作品です。

それではこの記事では、「ラーゲリより愛を込めて実話どこまで?遺書や山本さんクロは実在するのか!」についてお伝えします。

ラーゲリより愛を込めて実話どこまで?遺書は実在する?

映画の中では、幡男が妻モジミに宛てた遺書が登場するシーンがあります。

ラーゲリより愛を込めて実話どこまで?山本さんは実在する?

映画「ラーゲリより愛を込めて」の主人公である山本幡男は、実在の人物です。

幡男は、1909年、北海道に生まれました。1933年に満州に渡り、ハルピンで商社に勤務しました。

終戦後、ソ連軍の捕虜となり、ハバロフスクのラーゲリで10年以上にわたって過酷な生活を送りました。

幡男は、ラーゲリで妻モジミに宛てた遺書を書いたことで知られています。遺書には、妻子への愛情や、いつか日本に帰りたいという想いが綴られていました。遺書は、モジミによって日本に持ち帰られ、幡男の遺志を継いで、多くの人々に語り継がれています。

幡男は、1956年にラーゲリから解放され、日本に帰国しました。帰国後は、モジミと再会し、再び幸せな生活を送りました。

幡男とモジミの出会いや、ラーゲリでの生活の様子などは、映画の中でより具体的に描かれています。

また、映画のラストシーンでは、幡男が日本に帰国した後、妻モジミと再会するシーンが描かれていますが、これは原作小説には存在しないエピソードです。

このように、映画「ラーゲリより愛を込めて」は、実話を基にしながらも、創作された部分も含まれている、フィクションとノンフィクションの融合した作品ですね。

なお、幡男の遺書は、2017年に、遺書を書いた直後に幡男が書いた原文と、モジミが持ち帰った写しの両方が、北海道立文学館に寄贈されました。

ラーゲリより愛を込めて実話どこまで?クロは実在する?

映画の中では、幡男がラーゲリで飼っていた犬のクロが登場するシーンがあります。

このクロも、実際に幡男がラーゲリで飼っていた犬です。クロは、ラーゲリで唯一の癒しの存在であり、幡男や他の捕虜たちにとってかけがえのない存在でした。

クロは、幡男と共に日本に帰国し、その後も幡男の家族と共に暮らしました。

このように、映画「ラーゲリより愛を込めて」は、実話を基にした作品であり、遺書やクロのエピソードは、実際にあった出来事に基づいています。

ただし、映画では、原作小説にはない、創作された部分も含まれています。例えば、映画では、幡男とモジミの出会いや、ラーゲリでの生活の様子などが、より具体的に描かれています。

また、映画のラストシーンでは、幡男が日本に帰国した後、妻モジミと再会するシーンが描かれていますが、これは原作小説には存在しないエピソードです。

ラーゲリより愛を込めて実話どこまで?のまとめ

映画「ラーゲリより愛を込めて」は、第二次世界大戦後、シベリアの強制収容所に収容された日本人捕虜の物語です。

この物語は、実際にあった出来事を基にしていますが、映画の中では、原作小説にはない、創作された部分も含まれています。

映画のストーリーの基本的な流れは、実話に基づいています。

しかし、例えば、幡男とモジミの出会いや、ラーゲリでの生活の様子などは、映画の中でより具体的に描かれています。

また、映画のラストシーンでは、幡男が日本に帰国した後、妻モジミと再会するシーンが描かれていますが、これは原作小説には存在しないエピソードです。

このように、映画「ラーゲリより愛を込めて」は、実話を基にしながらも、創作された部分も含まれている、フィクションとノンフィクションの融合した作品ですね!

テキストのコピーはできません。