当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

アンメット-ある脳外科医の日記-

アンメット-ある脳外科医の日記-63話ネタバレ確定と感想は?スポーツ関連脳震盪

こんにちは。

2022年5月26日発売のモーニングより、アンメット-ある脳外科医の日記-【63話】「スポーツ関連脳震盪①」を読みました。

62話では、

手術を決めた加瀬の血管内手術が始まりました。未破裂脳動脈瘤の中にコイルを詰めていく。さすがの技術でコイルを詰めた綾野でしたがトラブル発生。

焦りながらもトラブルに対処し、見事手術を終えた時、川内の記憶がよみがえります。

川内に回復の兆しが!?

それでは、この記事では、アンメット-ある脳外科医の日記-【63話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

アンメット-ある脳外科医の日記-63話ネタバレ確定

加瀬の術後CTに問題がなかったため、綾野はこれで関東医大に帰ります。

しかしその前に少し川内と2人で話す時間を設けました。

川内も手術室で思い出した記憶について、綾野に聞きたいことがあったため好都合です。

そして以前一緒にした手術の後で綾野に告白されていたことを知りました。

川内は今綾野が西島と婚約していることは自分の事故と関係しているのか、作り笑いを浮かべながら聞きます。

綾野は答えにくそうにしていました。

場面は変わり後日、丘陵セントラル病院にプロレスの試合のリングドクター派遣依頼が来ました。

ボクシングをしていた研修医の風間と、星前、三瓶が行くことになり、なぜか病院長である藤堂も行くと言いました。

その頃大迫もこのチケットを手に入れており、いけないため綾野に譲ります。

西島と行くように言われた綾野は?

そして試合の日、三瓶が頭、星前と風間が頭以外を診ることを確認します。

藤堂はというと・・・。

ここで前座試合が開始。

風間は前座では仕事はないとのんびりしていますが、三瓶は危険な技を見て思わず立ち上がってしまいます。

その時、向こうの客席にいる綾野と川内を見つけてしまいました。

アンメット-ある脳外科医の日記-63話感想

加瀬の術後の経過も描かれると思っていたので、これで終わってしまったことが少し残念でした。

シリーズ「未破裂脳動脈瘤」は終わり、新シリーズ「スポーツ関連脳震盪」が始まります。プロレスという危険なスポーツを見ていると、三瓶は気になって仕方がありませんがいちいち止めていたら試合になりません。

三瓶を呼んだことは間違いではないかと感じてしまいそうなほど、試合の空気が悪くなってしまうような気がします。クレームを受けずに済むのでしょうか。

アンメット-ある脳外科医の日記-64話考察予想

前座でもかなりそわそわしている三瓶ですが、メインの試合が始まればもう前座どころではありません。

因縁の試合でもあるようですし、脳震盪以上のことが起きてしまう可能性もあるでしょう。病院ではなくこの場所で医者に出来ることは何があるのか気になります。

三瓶が気になっていることはもう1つあります。綾野と川内が一緒に試合を見に来ていたのです。

西島と行けと言われたのに川内を誘った綾野。このまま婚約破棄の流れになってしまうのでしょうか。

▷アンメット64話はこちらへ

まとめ

この記事では、アンメット-ある脳外科医の日記-63話のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

一応医者のくせにふざけすぎている藤堂。

ついてきたならちゃんと仕事しろー!

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

ebookjapan|今なら初回購入70%オフ

登録無料。マンガを中心に80万冊以上の取り扱い冊数。欲しいマンガが見つかる!電子書籍サービス。

Yahooと提携しているためpaypayポイントが利用できお得に貯まります。無料で読める漫画も豊富。

月額課金制ではないので辞める理由なし。初めての購入なら70%オフキャンペーン実施中!(6回まで)今すぐ公式サイトをクリック→<公式サイト

テキストのコピーはできません。